2011年9月3日土曜日

ラモー





フランス製RAMEAUのグランドピアノを調律、調整しました。
ラモーというのは、1973年に始まり2000年に終わったメーカーです。
アップライトを多く作っていたメーカーなので、グランドに出会うのはとても珍しいです。
戦前のフランスピアノの色濃さを知っている者にとっては、インターナショナル化されたおとなしい戦後のピアノという印象でしたが、
それでも日本のピアノやドイツのピアノにはない、フランスっぽさは残っているなあ、と思いました。
明るくて、軽い響きがしていました。
フランスから日本へやってきて、ピアニストの方に愛用されている幸せなピアノです。


J'ai accordé et réglé un piano à queue RAMEAU.
La marque française RAMEAU a commencé la fabrication en 1973 et terminé en 2000.
Elle a fabriqué beaucoup de piano droit et très peu de piano à queue.
C'était la première fois que j'ai vu un piano à queue RAMEAU.
Pour moi qui connais bien le caractère de piano ancien français, il a hérité très peu de caractère français, il est international, c'est un piano d'après guerre.
Mais il n'est comme même pas pareil que un piano japonais ou allemand ou américain, c'est un piano français.
Il a la sonorité claire et ouvert.
Il est venu de la France au Japon, il est heureux d'être joué par la pianiste qui l'aime bien.

0 件のコメント:

コメントを投稿