2017年5月27日土曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 解体6







1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
キャスターは平らになるほどすり減っていました。
キャスターを取り外し、その奥にあるビスを外すと、脚が外れ棚板が取れます。
響板、駒、弦などがよく見えるようになりました。
ライオンの足先の装飾は、なんとも可愛いです。
フランスでは昔、動物の足先をテーブルや椅子の脚にデザインしたスタイルが流行った時代があったのですが、狩猟民族ならではの感覚かな、と感じます。
東洋人の私たちには違和感がありますが、フランス人のおしゃれ感覚の一つです。

2017年5月26日金曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 解体5








1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
ペダルとペダルシステムが取り付けられている底板を外しました。

2017年5月25日木曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 解体4








1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
ピアノの裏側です。
ネズミよけのパネルを取り外すと、支柱が現れます。
張力によってピン板が前に引っ張られるのに抵抗するため、支柱に鉄のバーが取り付けられています。
しかしそれでも、ピン板は前の方に傾き、ピアノは少し猫背の形になっています。

2017年5月24日水曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 解体3







1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
鍵盤オサを外したら、下から紙が出てきました。
オサの高さを調整しようとして挟まれたものです。
よく見ると、ポストカード。
パリ郊外のサン・ドゥニにあったプレイエルの工場の航空写真が載っています。
1925年に撮影されたものをポストカードにしたようです。
ということは、この紙を挟んでピアノの調整をしたのは1925年以降ということになります。
ピアノが作られた当時のものではありませんが、今から100年近く前のポストカードが出てきて、歴史を感じました。

2017年5月23日火曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 解体2






1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
解体しています。
鍵盤の象牙は剥がれが多く、またとにかく汚い。
長年のホコリや何かの糞やら・・・
修復の最初は掃除ばかりです。

2017年5月22日月曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 解体1








1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
まずは解体しています。
アクションはどこもかしこもボロボロです。
オリジナルの状態ではなく、以前に修復された形跡が見られます。

2017年5月21日日曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 修復前の音

1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
修復前の音をお聴きください。
ほとんど音が出ない状態なので、曲にはなりません。
修復により、果たして甦らせることができるのでしょうか?
私にもわかりません。お楽しみに!

修復前の音1

修復前の音2

製造:1838年フランス・パリ
製造番号:6720
構造:平行弦 / 2本弦
寸法:高さ1m15 幅1m21 奥行55cm
鍵盤:78鍵(ド−ソ)/ 象牙・黒檀
アクション:オーバーダンパーアクション
外装:ローズウッド / ライオンの脚の装飾付

2017年5月20日土曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 修復開始3







1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
修復を開始します。

製造:1838年フランス・パリ
製造番号:6720
構造:平行弦 / 2本弦
寸法:高さ1m15 幅1m21 奥行55cm
鍵盤:78鍵(ド−ソ)/ 象牙・黒檀
アクション:オーバーダンパーアクション
外装:ローズウッド / ライオンの脚の装飾付

2017年5月19日金曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 修復開始2







1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
修復を開始します。

製造:1838年フランス・パリ
製造番号:6720
構造:平行弦 / 2本弦
寸法:高さ1m15 幅1m21 奥行55cm
鍵盤:78鍵(ド−ソ)/ 象牙・黒檀
アクション:オーバーダンパーアクション
外装:ローズウッド / ライオンの脚の装飾付

2017年5月18日木曜日

1838年製プレイエル ピアニーノ 修復開始1






1838年製PLEYEL pianino 1m15(ショパン時代のプレイエル)
修復を開始します。

製造:1838年フランス・パリ
製造番号:6720
構造:平行弦 / 2本弦
寸法:高さ1m15 幅1m21 奥行55cm
鍵盤:78鍵(ド−ソ)/ 象牙・黒檀
アクション:オーバーダンパーアクション
外装:ローズウッド / ライオンの脚の装飾付