2020年12月1日火曜日

冬の風景2





長いこと美しく咲いてくれていたリンドウ、乾燥してドライフラワーになりました。

2020年11月30日月曜日

ポストショパン時代のエラール VS プレイエル 響板修復3(プレイエル)

磨き前のアグラフ

磨き後のアグラフ

磨き後のアグラフ

1860年製PLEYEL モデルPetit Patron グランドピアノ 2m20
アグラフの表面と穴の中を掃除しました。

2020年11月29日日曜日

ポストショパン時代のエラール VS プレイエル 響板修復3(エラール)

磨き前のアグラフ

磨き前のアグラフ

磨き前の高音アグラフ

アグラフは表面を磨くだけでなく、穴の中も掃除します

磨き後のアグラフ

磨き後のアグラフ

磨き後のアグラフ

磨き後の高音アグラフ

1857年製ERARD モデル2 グランドピアノ2m12
アグラフの表面と穴の中を掃除しました。
弦が通るところなので、穴の掃除は音色にも微妙に影響すると思われます。

2020年11月28日土曜日

冬の風景1

 



寒くても蕾を付けて咲いてくれていたバラだったのですが、乾燥してドライフラワーになってしまいました。
もう冬です。

2020年11月27日金曜日

ポストショパン時代のエラール VS プレイエル 響板修復2(プレイエル)

 磨き前の駒ピン

磨き前の駒ピン

駒ピンを磨く

磨き後の駒ピン

磨き後の駒ピン

1860年製PLEYEL モデルPetit Patron グランドピアノ 2m20
錆びた駒ピンを1本1本磨きました。
弦が通る部分なので、音色にも影響すると思われます。

2020年11月26日木曜日

ポストショパン時代のエラール VS プレイエル 響板修復2(エラール)

磨き前の駒ピン

磨き前の駒ピン

磨き前の駒ピン

駒ピンを磨く

磨き後の駒ピン

磨き後の駒ピン

磨き後の駒ピン

駒ピンの1本が折れていました

折れた駒ピンを抜き、新しい駒ピンを埋め込みました

1857年製ERARD モデル2 グランドピアノ2m12
錆びた駒ピンを1本1本磨きました。
折れていた駒ピンを抜いて、新しい駒ピンを植え、上面を加工しました。

2020年11月25日水曜日

富田牧子チェロコンサートのお知らせ

興味深いコンサートが開催されます。限定35席!ご予約はお早めに!



2020年12月13日(日)14:00開演
富田牧子チェロコンサート ガット弦の魅力 ミエザホール・シリーズその1 
~ギタリスト塩谷牧子を迎えて~ 

【場所】ミエザホール (京王線・JR南武線「分倍河原駅」下車徒歩0分 府中市片町2-21-1大久保ビル2F)アクセス
【プログラム】
J.S.バッハ/カンタータ「神の時はいとよき時」BWV 106よりソナティナ、無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV 1007
F.シューベルト/アルペッジョーネ ・ソナタ   ほか       
【料金】限定35席 
【予約・問合せ】
MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(☆を@にタイプし直してください)
☎︎03-6317-8916 ベアータ

2020年11月24日火曜日

ポストショパン時代のエラール VS プレイエル 響板修復1(プレイエル)

修復前の響板

響板の割れ(上から糊を付けられている)


糊を剥がして割れを開く

開いた割れにぴったり収まるよう、埋め木材を加工

埋め木材を糊付け

飛び出た木を削って平らにする

すべての割れの埋め木が完了

1860年製PLEYEL モデルPetit Patron グランドピアノ 2m20
響板の割れやヒビを埋め木しました。
木でできているものは、金属やプラスチックと違い、湿気を吸ったり吐いたりして呼吸をしています。
そのため、長い年月が経つと割れてくることが多いです。
しかし、修復が可能だということが、木材の良いところだと思います。
よほど傷んでいない限り、修復することができます。
ですから、100年経っても150年経っても、ピアノは再び甦ることができます。

2020年11月23日月曜日

ポストショパン時代のエラール VS プレイエル 響板修復1(エラール)

修復前の響板

響板の割れ

特殊なノミで割れを開く

埋め木材が割れにぴったり収まるように加工

埋め木材を糊付け

飛び出た部分を削って平らにする

すべての埋め木が完了

1857年製ERARD モデル2 グランドピアノ2m12
響板修復を始めました。
古いピアノは、響板に割れやヒビが見られるものがほとんどです。
長い年月の間に木が乾燥してきたためです。
響板が割れたらピアノは終わり、と思っている方も多いようですが、全くそんなことはありません。
例えば割れたままでも、ピアノは良く響き、良く歌います。
ただ割れがひどくなると、音を出した時にビリビリと雑音が発生してしまうことがありますので、修復の際には割れやヒビを全部埋めて一枚の板に戻します。
埋め木材は、響板材と同じ松の木で作られています。

2020年11月22日日曜日

秋の風景17

 秋の八ッ場ダム