2020年10月1日木曜日

秋の風景6

 



山栗の季節になりました。
犬の散歩ついでに拾ってきた今年の初物を茹でて食べました。
ほんのり甘い素朴な味です。
たくさん拾えたら栗ご飯にしたいと思いますが、動物たちや虫たちとの競争なので、どうかな?

2020年9月30日水曜日

子猫6



鶏が卵を産む瞬間、隣にじっと寄り添っている猫は珍しいと思いますが、隣に猫がいるのに平気で卵を産んでしまう鶏も珍しいと思います。

2020年9月29日火曜日

1911年製ニューヨークスタインウェイ 整音





1911年製STEINWAY & SONS グランドピアノ1m80
音程も安定してきて、タッチも揃ってきました。
最後の仕上げは整音作業です。
まずは、ハンマーが3本の弦に完璧にまっすぐ当たっているかを見ます。
ハンマーを持ち上げて弦に軽く触れた状態で、ダンパーを上げながら弦を指で弾いて音を聴きます。
ハンマーが3本の弦に完璧にまっすぐ当たっていないと音の聴こえ方が異なります。
その場合、ハンマーが傾いていれば微妙に頂点を削って揃え、弦の方が平らでないようなら少し弦を引っ張り上げて揃えます。
全部のハンマーの当たりが揃ったら、今度は全体を通して音を聴いて、調和しない音があればハンマーに針を刺して揃えます。
非常に微妙な作業ですが、ちょっとのことで音色はずいぶん変わります。
工房での整音作業はここまでですが、最終的には納品先でお部屋の響きを聴きながら、またお客様のご希望を踏まえながら、仕上げを完成させます。

2020年9月28日月曜日

秋の風景5


ヤマアジサイは花びらの裏が赤くなりました

ウバユリ

2020年9月27日日曜日

1911年製ニューヨークスタインウェイ 鍵盤押さえと鍵盤蓋のフェルト

鍵盤押さえの古いフェルト

鍵盤押さえの新しいフェルト

鍵盤押さえ取り付け

鍵盤蓋の古いフェルト

鍵盤蓋の新しいフェルト

 1911年製STEINWAY & SONS グランドピアノ1m80
鍵盤押さえの古いフェルトを剥がし、新しく貼り替えました。
鍵盤蓋のフェルトも同じく、新しく貼り替えました。

2020年9月26日土曜日

秋の風景4

 



葉っぱが少しずつ色づいてきて、秋の訪れを感じます。

2020年9月25日金曜日

1911年製ニューヨークスタインウェイ 整調3

 

 1911年製STEINWAY & SONS グランドピアノ1m80

何度も整調をやり直しては改善し、より良いタッチを求めています。

だんだん弾きやすくなってきて、音も良くなってきました。

完成が近づいてきました。

2020年9月24日木曜日

2020年9月23日水曜日

1911年製ニューヨークスタインウェイ ペダル調整


ダンパー

ダンパー総上げ調整ビス

ソフトペダル調整ビス

 1911年製STEINWAY & SONS グランドピアノ1m80

一番右のペダルを踏んだ時にダンパーが一斉に上がるように、ダンパーの総上げ調整を行います。

微妙な動きを揃える細かい仕事です。

一番左のソフトペダルを踏むと鍵盤オサが右にシフトして、ハンマーが3本の弦のうち2本を叩いて音がソフトになるようになっています。

鍵盤オサのシフトの動きの調整は、右のブロックに付いているビスで行います。

2020年9月22日火曜日

秋の風景2

 

モミ1歳

どこにいるか見えますか?


1歳の男の子モミは、毎日朝から家の周りを見回り、縄張りを守ります。
時々近所の大きな猫が入ってくると喧嘩をしますが、運動神経の優れたモミは木の高いところに登って勝利します。
そんなに高いところから降りられるかなあ、と心配しましたが、大きな猫が諦めて去って行った後、モミは慎重に降りてきました。