2018年7月12日木曜日

初夏の風景6

ヤマオダマキ

オオバギボウシ

2018年7月9日月曜日

初夏の風景5

マリー・ヘンリエッテ

サマー・スノー

ソフィーズ・パーペテュアル

ムタビリス

2018年7月6日金曜日

1907年製プレイエル モデル3 アクション修理14





1907年製プレイエル モデル3(2m05 ) アクション修理
お客様宅へアクションを運び、ピアノの中へ入れて最終調整をしました。
仮調整はしてあるものの、机の上とピアノの中ではアクションの動きが微妙に違いますので、ピアノに合わせて微調整をしていきます。
部品が古く弱っている面もあり、新しいピアノのように完璧にはいきませんので、もっともっと完全にしたい気持ちと戦いながらも、まあまあのところで妥協することも大切で、そうすることによりタッチがまとまっていきます。
古いピアノを扱うのと新しいピアノを調整するのとは、つくづく別の仕事だと感じます。
ハンマーフェルトを新しく巻き替えましたので、柔らかく美しい音色が戻りました。
プレイエルらしい、ちょっと鼻にかかったようなフランス的な発音も甦りました。
以前修復した方がピン板交換もされたようなので、本体はまだまだ長持ちします。
1907年製プレイエル モデル3のアクション修理の終了です。

2018年7月4日水曜日

1907年製プレイエル モデル3 アクション修理13





1907年製プレイエル モデル3(2m05 ) アクション修理
ウィペンを取り付けました。
傾きがあれば、フレンジに薄紙を貼って調整します。
アクションが組み上がり、一通りのタッチの調整をしました。
この後は、アクションをピアノに入れて最終調整です。
どんな音が出るのか楽しみです。

2018年7月2日月曜日

1907年製プレイエル モデル3 アクション修理12






1907年製プレイエル モデル3(2m05 ) アクション修理
ハンマーを、調整しながらロングセンターピンでつなぎました。
ハンマーヘッドやシャンクの膠切れで剥がれてしまったものは、糊付けし直しました。

2018年6月30日土曜日

1907年製プレイエル モデル3 アクション修理11





1907年製プレイエル モデル3(2m05 ) アクション修理
ハンマーローラーの部分です。
プレイエルアクションでは、ロール状ではないので、ローラーとは言えませんが。
ジャックが滑るこの革の部分をフランスではなぜかNez(鼻)と言っています。
(ちなみにエラールはロール状のものを使っているので、Rouleauローラーです)
ジャックの跡が少し付いてしまっていたので、平らにならし、黒鉛を塗って滑りやすくしました。

2018年6月28日木曜日

1907年製プレイエル モデル3 アクション修理10





整形前

整形後

1907年製プレイエル モデル3(2m05 ) アクション修理
フランスのアトリエ・デフジェーから、フェルトを巻き替えられたハンマーが戻ってきました。
弾力のありそうな良い感じのフェルトです。
まずはハンマーの表面を薄く削り、ハンマー整形をします。
新しいハンマーを作るときには、すべてのハンマーウッドを並べて一枚のフェルトに大きな圧力をかけて巻き付け糊付けした後、最後にかまぼこを切るようにフェルトを切って一つ一つに分けるので、切り口がお椀状になります。
弦に当たる頂点の部分が平らでないと良い音が出ないので、取り付け前には必ず整形します。
最終的には、ピアノに入れた後、一つ一つのハンマーを弦に当ててみながら確認し、斜めに当たっていれば少し削って微調整をします。
とても微妙なことで音色が変わるものなのです。

2018年6月26日火曜日

初夏の風景4

イングリッド・バーグマン

アイスバーグ

アイスバーグ

バラたちが全開です!

2018年6月24日日曜日

初夏の風景3

ムタビリス

イングリッド・バーグマン

アイスバーグ

マリー・ヘンリエッテ

テリハノイバラ

夫が大事に育てているバラが続々と咲き出しました。
素晴らしい美しさと香りです。

2018年6月22日金曜日

1907年製プレイエル モデル3 アクション修理9






1907年製プレイエル モデル3(2m05 ) アクション修理
アクションブラケットを掃除し、真鍮の櫛形プレートを磨きました。